偕楽園 好文亭、奥御殿復元工事  
  日本三名園のひとつ水戸の偕楽園は1842年(天保13年)に水戸藩第9代藩主、徳川斉照公により創建されました。好文亭の名の由来は、梅のより名「好文木」に由来しています。
二層三階の好文亭と太鼓橋でつなぐ奥御殿からなり、両方を総称して好文亭と呼んでいます。
当社は昭和32年と46年に修復復元工事に携わっております。

施工年度 昭和32年・46年
構造 木造 寄棟 柿板葺き
規模 726.00m2(219.62坪)