2009.05.14
 
2009年5月5日 高野山真言宗圓光寺[兵庫県加古郡]
本堂・山門・客殿・庫裡落慶法要が執り行われました。

本事業は、阪神大震災により被害を受けた伽藍の再興を目的とするものです。
平成16年7月に契約を頂いてから足掛け5年の歳月をかけ、本堂・山門・客殿・庫裡を施工させて頂きました。当日はこの数百年に一度の法要にふさわしく、檀家の皆様が数百人参列され、盛大な落慶法要が営まれました。
 

完成した本堂

山 門
庫 裡

檀家のみなさまによる御詠歌が響き渡ります。
この日のために何日も練習されたそうです。

250人あまりのお稚児さんが出仕されました。
ひとりひとりが御本尊に手を合わせています。

法要の様子。導師の蓮華定院様と圓光寺
御住職小松靖典様。

御住職のごあいさつ。
事故なく工事が終了したことを褒めて頂きました

御住職より弊社相談役金剛利隆へ
感謝状が手渡されました。