2009.09.10
 
2009年8月1日、
浄土真宗本願寺派本願寺新参拝施設「龍虎殿」が竣工し、
竣工入仏式が執り行われました。

当日は浄土真宗本願寺派大谷光真門主様・裏方様もご出席され、宗祖親鸞聖人750回大遠忌記念事業の集大成にふさわしく、荘厳に式が執り行われました。この度弊社に工事の御下命を頂き、昨年7月の起工式から約1年あまりにわたり施工させていただきました。「龍虎殿」は御影堂のすぐ南側に位置し、ご参拝の皆様方の受付・また憩いの場としての役割を持つ建物です。車椅子の方もお入りやすい玄関、広いお手洗いなどバリアフリーの構造となっております。鉄骨造ですが、柱など一面に化粧材で覆っておりますので、木造建築風の外観を備えております。

参列の皆様方。弊社からは社長、相談役以下出席いたしました。
不ニ川総長(当時)のご挨拶。この後、弊社社長が感謝状を頂戴いたしました。
完成した龍虎殿の玄関。フラットで車いすの方も入りやすい構造になっております。