2009.11.27
 
2009年11月22日、
四天王寺番匠堂において 番匠堂法要が執り行われました。

この法要は、毎年11月22日、日本の大工の神様とされる聖徳太子の月命日に毎年執り行われるもので、全国から建築関係者が工事の安全を祈って参列します。弊社も建築に携わるものとして、社長・宮大工をはじめ参列させていただきました。四天王寺奥田聖應管長猊下自らが導師を勤められ、多数の参列者のなか、厳かに法要が執り行われました。 法要の執り行われた番匠堂は、弊社が平成14年に施工させていただいたもので、中心伽藍のすぐ東に位置しています。中には大変珍しい、曲尺(大工が使う、直角に交わったものさし)をもった聖徳太子(曲尺太子)がお祀りされています。みなさまも、四天王寺に参詣された折には、一度手を合わせてみてはいかがでしょうか。
導師・奥田聖應管長猊下ご入場。
社長・宮大工以下参列いたしました。