2010.01.22
 
平成22年1月11日、
手斧(ちょんな)始め式を四天王寺金堂にて勤めさせていただきました。

手斧始め式とは、大工の仕事始めの儀式です。弊社が四天王寺創建当時聖徳太子様から伽藍をお守りするように命じられたことから、毎年正月十一日に四天王寺金堂にて勤めさせていだだいております。本年は晴天に恵まれ、滞りなく式を終えることができました。(手斧始め式についてはこちらをご覧ください)
 
午後4時前、金剛組本社を出発する工匠の列
 
四天王寺境内を一列になって歩く
 
四天王寺様とともに金堂へ
 
39世金剛利隆による手斧打ちの儀
 
儀式を終えて、金堂より退出
 
番匠堂前にて四天王寺様を先頭に、社員一同 曲尺太子に礼
 
金剛組本社へ帰る工匠の列