■建具の動きが悪い
原因として、①敷居の溝が磨り減っている②鴨居が下っている③柱が傾いている④柱が下がっている等が考えられます。①②であれば小規模な修理で治せます。しかし、③④が原因である時は建物の構造による不具合と考えられ、放置しておくと更に大きな支障をきたす恐れがあります。傾きを測定する場合は、糸に重りを垂らして柱の角度と比べるとよくわかります。
調査を依頼してみる
>壁・床の危険信号に戻る
>トップへ戻る
株式会社金剛組モバイルサイト
Copyright(c)KONGOGUMI