■雨の際、軒樋から水が溢れる
タテ樋が詰まっている可能性があります。水が周囲に飛び散って雨漏りし、腐りの原因となって建物に悪影響を及ぼします。特に樹木の多い場所等では、雨樋の掃除(1年に1度)屋根の点検(3~3年に1度)としてみて回ることが肝心です。また、台風前、台風後にも、ゴミが詰まっていないか点検しましょう。
調査を依頼してみる
>屋根の危険信号に戻る
>トップへ戻る
株式会社金剛組モバイルサイト
Copyright(c)KONGOGUMI