■軒先が波打っている
屋根が波打っている場合は、その場所により、原因がわかります。 大棟(屋根の頂上)の場合は、野棟木に腐りや欠陥があります。また、平葺部分の場合は、母屋材が原因です。軒先部分の場合は、軒先を受ける材(桔木・はねぎ)に問題があり、軒先が受けきれずに下がっています。いずれにしても大規模な修理が必要です
調査を依頼してみる
>屋根の危険信号に戻る
>トップへ戻る
株式会社金剛組モバイルサイト
Copyright(c)KONGOGUMI