■瓦の色が変わってきた
屋根瓦の場合、いぶし銀がとび、色あせて、瓦表面に素(す)が見られたら撥水効果がなくなり、水が浸透していると思われます。年数の目安は約50年。雨漏りの原因となり、野地板の腐りや白蟻の発生源ともなりますので屋根全体の調査が必要です。
調査を依頼してみる
>屋根の危険信号に戻る
>トップへ戻る
株式会社金剛組モバイルサイト
Copyright(c)KONGOGUMI